オーリスタットで肥満対策・20キロ痩せは可能か

オーリスタットは、肥満治療薬に含まれている成分です。摂取した脂肪のうち、約30%を未吸収で排泄させる効果が期待できます。
肥満対策としてはもちろん、脂質異常や糖尿病などの肥満によってリスクが高くなる病気の対策としても使うことができます。
オーリスタットを使うときには、必ず脂溶性ビタミンを補いながら使う必要があります。脂肪が排出される過程で、脂溶性ビタミンが溶け込んでそのまま一緒に排泄されてしまうからです。脂溶性ビタミンは、ビタミンA・D・E・Kのことです。これらを補うためには、マルチビタミンなどのサプリメントを使うと良いです。
オーリスタットは肥満治療薬として使いますが、食べた脂肪分のカロリーを抑える効果しかありません。なので、蓄積してしまった脂肪を減らす効果はありません。
オーリスタットだけで20キロ痩せは可能かどうかですが、これは時間がかかると言えます。20キロ痩せるにはどれくらいのカロリーを減らすことが必要か計算してみます。
脂肪1gは9キロカロリーあります。このうち20%は水分なので、残りの80%、つまり約7キロカロリーで脂肪1gが燃焼されます。つまり、脂肪1kgを落とすには、7000キロカロリーが必要ということです。なので脂肪20キロ落とすということは、140000キロカロリー必要ということになります。
これを徐々にオーリスタットの脂肪吸収阻害で摂取カロリーを減らしていけばいずれは20キロ減が可能になるかもしれませんが、薬だけですぐに20キロ落とすというのは現実的ではありません。
すぐに効果を出したいという人は、脂肪が燃えやすくなるような有酸素運動などの運動も合わせて肥満対策として行ったほうが良いでしょう。

ページトップへ